お客様の満足条件を満たす建築施工図をご提供します|LOTZ(ロッツ)設計事務所

満足条件を満たす建築施工図が、必要なお客様のための専門的な事務所です。

LOTZ設計事務所

HOME ≫ LOTZブログ ≫

LOTZブログ

『勝負は6~7割の勝ちで十分。完全勝利は次の大負けの下地となる。』
・・・武田信玄・・・

これは、ご存知「風林火山」の旗をなびかせ、
戦国最強の騎馬軍団を率いた男、武田信玄の言葉だ。
1521年、名門甲斐源氏の嫡流として生を受け、武田家の版図を甲斐(山梨県)
のみならず信濃(長野県)やその周辺にまで急拡大させた大名である。
旗印の「風林火山」は、世界最古の兵法書「孫子」からの引用であり、
その兵法書通りの用兵を実践し続け、織田信長、徳川家康からも恐れられた。
一方で、金山の経営や信玄提の建設など領民に喜ばれる政策も実行し、
その手腕を手本とする現代の経営者も多い。
その生涯戦績は通算72戦49勝、負けたのはたったの3敗。
引き分けが20個だから、つまり9割5分は負けないのだ。
3敗した合戦ではいずれも大きな犠牲を払っているとはいえ、驚異的な戦績である。
さて、8割以上の勝ちが良くないのは、次の戦で油断を生むからだ。
6~7割程度の戦勝が理想である。負けた側の心理を考えても、
完敗させたのでは恨みを残し、戦後政治がしにくくなる。
また、残った敵の勢力を吸収することも難しくなる。
さきほどの戦歴の勝率を算出すると、なんと6割8分。
その有言実行ぶりは、まさに”甲斐の虎”の異名に相応しい。

『刀の切っ先で斬ろうとする者は敗れ、
鍔で相手を倒そうとする者は勝つ』
・・・柳生宗厳・・・

柳生宗厳(むねよし)は、1529年生まれの剣豪で、柳生新陰流の使い手。
あの宮本武蔵や、塚原卜伝と並び称されるほどの使い手である。
大和(奈良県)の土豪であり、長らく松永久秀の家臣であった。
各流派を究めた宗厳の名声は高く、新陰流の祖・上泉信綱から
「無刀取り」という奥義を認められた。
この技は、宗厳が極めた最終奥義で、刀に頼らず、相手を傷つけず身を守るという
文字通り”無刀の境地”であった。
1594年には、徳川家康の招きで、「無刀取り」が披露された。
家康本人が身構え宗厳に向かうと、一瞬にして刀を奪われ後ろに転がり倒れていた。
この日以来、家康は宗厳の弟子になり、宗厳は徳川将軍家の剣術指南役を頼まれた。
彼は68歳と高齢だったため、息子の宗矩がその役を担った。
この宗矩こそ、ご存知柳生十兵衛の父親である。
さて、ある日のこと、宗厳のもとに、親の仇討を決意した男がやってきた。
「相手を見つけたので、明日にでも決行したい。しかし、私の腕は未熟。
負ければ親子共々笑い種になってしまう。」男は必死になって秘策を乞うたが、
長い修行が必要な剣の道、宗厳が教えることはなにもなかった。
ただ、ひとつだけ男に心構えを教えてやった。
それが、この言葉だ。
男は無事、親の仇を討つことができたという。

『侍たるもの、出陣のたびに初陣と心得るべし』
・・・山県昌景・・・

山県昌景は1529年生まれの武田家家臣。
馬場信治・内藤昌豊・高坂昌信と並ぶ「武田四天王」のひとりである。
小兵だったが胆力と計略に優れ、戦場で彼を見つけた敵は
「信玄の小男が出たぞ!」と声をあげたという。
1574年美濃の明智城を攻め、抵抗する織田信長を追い散らし、これを奪取。
「三方ヶ原の戦い」で追込まれた徳川家康は、恐怖の余り馬上で脱糞し敗走した。
昌景に狙われれば、信長・家康とて敵わないのだ。
「なぜ山県隊は、そんなに強いのか?」
武田信玄の弟・信龍がたずねた時、昌景が返した言葉が、これだ。
「戦は臨機応変に戦うもので、決まったやり方はない。
その場その場で対策を立て、工夫し、これが初めての戦いだと心得よ。
緊張感を持ち、油断すれば死に繋がると思え」ということだ。
昌景は「勝てると思っても、勝利を確信しない限り戦わない」と発言するなど 
主君・信玄と同じく古代中国の兵法書『孫子』からの影響が見られる。 
信玄の死後、1575年「長篠の戦い」にて、信長・家康連合軍を前に
勝ち目が見えなかった昌景は、後継ぎの勝頼に撤退を進言する。
すると勝頼は、「命が惜しいか」と嫌味を浴びせた。
怒り心頭した昌景は決死の覚悟で突撃、銃弾の雨を浴び壮絶な戦死を遂げた。
享年46歳。
信長方の資料『信長公記』には、「長篠の戦い」で討ち取った首の一覧があり、
その筆頭には、昌景の名が挙げられている。        

『絵描きとちゃうでっ!!』仕事スタイルを変えたエピソード
・・・竹山勝弘・・・

ブログ
あんなに腹立たしかったのは初めてです。
何があったかというと、指示通りに図面を作成させていただいたのに確認時に変更されて、再確認時に元に戻されたのです。
『…やっぱり、こうしておこう…』といった感じです。
即反応して図面の手当てをしたので、関連図面の情報混乱は言うまでもありませんね。
私は、設計者の意図を忠実に表現しても、問題点を共有していなければ手間が掛かり、関係者全ての士気が下がることを学びました。
だからこそ今は、施主様の気持ちになって、なぜそうなるのかを自分の頭で考え
アイデアを(プロの提案) ⇒ 裏付けを持って(質疑応答) ⇒ 共有し(情報発信)
事前検証し尽くすよう心掛けて、仕事をさせて頂くようにしています。
LOTZ設計事務所
建築施工図作成
TEL: 072-975-6240
営業時間:8時〜17時

モバイルサイト

LOTZ設計事務所スマホサイトQRコード

LOTZ設計事務所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!