お客様の満足条件を満たす建築施工図をご提供します|LOTZ(ロッツ)設計事務所

満足条件を満たす建築施工図が、必要なお客様のための専門的な事務所です。

LOTZ設計事務所

HOME ≫ LOTZブログ

LOTZブログ

『戦場で腰が抜ける男は、100人のうち、だいたい2人』
・・・長宗我部元親・・・

四国の覇者・長宗我部元親は、1539年生まれ。
織田信長が中央を制圧している間に、四国全土を手中にした人物である。
この言葉は、長い戦いの日々を送った元親一流の経験則から出た言葉だが、
実は彼、若い頃は「姫若子」などと呼ばれ、馬鹿にされていた。
背が高く色白で、外に出たがらず、しかも物腰が女子のようであったことから、
家臣からは将来を心配されていた。
優しく繊細な元親は、あるとき坊主に
「臆病とは性格ではなく、胸の病だ」と諭されると、
「なるほど病なら、必要な手当てをすれば必ず克服できるぞ」
と自らを奮い立たせた。初陣は22歳と、当時としては遅い部類。
ところが、この戦いで家中の評価は一変する。
槍の持ち方も知らず、家臣に
「敵の目を突かれよ。無理な場合は目を突く心持ちで突かれよ!」
とアドバイスを受けると突如として敵に突撃し、
襲いかかる敵を激しい槍さばきで打ち倒したのだ。さらに、
「俺は絶対に一歩も引かぬっ!真の武士は命より、名を惜しむものぞ!」
と大声をあげた。
これには敵はもちろん、味方も驚愕した。
元親は見事この激戦を制し、
四国の王への階段を一気に駆け上っていくことになる。
 
 

コメント

LOTZ設計事務所
建築施工図作成
TEL: 090-7873-4584
営業時間:8時〜17時

モバイルサイト

LOTZ設計事務所モバイルサイトQRコード

LOTZ設計事務所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!